あたり湯暗渠をたどる

今回は、大田区大森西3-11にある銭湯「あたり湯」の脇を通っている暗渠をご紹介します。
訪問日:2018/1/20

これが「あたり湯」の入り口。
b0206463_14264887.jpg

「あたり湯」の右側に細道暗渠がありました。
b0206463_14253224.jpg

少し進むと、あたり湯の煙突を見ることができました。

b0206463_14260321.jpg


このあたりからさらに細く。
b0206463_14284276.jpg

さらに進んでいくと、なぜか未舗装路に。
何となく通っちゃいけなさそうですが、面白そうなので先に進みます。
b0206463_14291254.jpg

おお、護岸跡のようなものが露出しています。
b0206463_14294121.jpg

うわ、ここはまたさらに細く。
リュックを手に持ち、体を横にしないと通れません。
b0206463_14301162.jpg

ここが一番細いところね。
b0206463_14305637.jpg

さて、一般道を越えた先も未舗装路が続きます。
b0206463_14314129.jpg

ちなみに、この横切っている道路のこの歩道部分も水路跡に見えますね。
断定はできませんが。
b0206463_14322871.jpg

未舗装路に入ってみると、今度は左側に護岸跡らしきものが見えています。
b0206463_14332292.jpg

何だか草深くなってきました...。
b0206463_14335887.jpg

またも一般道にぶつかりました。
その先は、そろそろヤバいか。
b0206463_14350433.jpg

うーん、入れなくはなさそうですが、一番奥はふさがっているようにも見えます。
念のため回り込んでみます。
b0206463_14355013.jpg

回り込んできました。
この駐車場の端が続きの位置です。
失礼して奥に入らせてもらうと、
b0206463_14363965.jpg

あー、かなりプライベートな感じの空間。
やはり入ってこなくてよかったようです。
b0206463_14372802.jpg

で、その先はちょっと難しい。
この植え込みが続きの位置になりますが、本当に続きかどうか疑わしい。
その向こうは京急の線路ですし、探索できるのはここまでです。
b0206463_14383216.jpg
大田区によくあるまっすぐ続く暗渠道。
たいていは面白みもないので放っていますが、今回の暗渠はバラエティに富んでいて面白かったですね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-03-27 12:00 | その他東京の暗渠  

<< 旧呑川 弁天神社支流(仮)をたどる 梅屋敷駅近くの暗渠をたどる >>