金町周辺の暗渠をたどる①

今回から、JR常磐線「金町駅」周辺の暗渠をたどります。
訪問日:2018/2/24、2018/2/28

ここは「金町駅」北口の東の方、「東金町3-16」です。
この歩道部分が暗渠のようです。
ちなみに、これより手前は商店街なので、どこをどう通っているか、全く分かりません。
b0206463_12184316.jpg

歩道をしばらく進むと、ようやく暗渠らしい独立した道になっています。
b0206463_12185512.jpg

1ブロック進むと、突き当たりに。
ここで歩道は左に曲がっています。
b0206463_12190566.jpg

曲がるところの歩道が鋭角!
b0206463_12191626.jpg

歩道はまたすぐ単独行に。
b0206463_12192833.jpg

そしてまた右折して歩道に。
「ここから歩道」です。
b0206463_12193739.jpg

右を見ると、またすぐに突き当たります。
b0206463_12194730.jpg

ここで歩道がなくなっていますので、左の建物の庭のあたりを通っているのでしょうか。
b0206463_12195633.jpg

1ブロック進むと、また単独の暗渠道に。
b0206463_12200396.jpg

カクカクと蛇行していきます。
b0206463_12201211.jpg

前の写真にもチラッと写っていましたが、塀の上でニャンコが昼寝していました。
b0206463_12202398.jpg

ここからは歩道がメイン。
b0206463_12203672.jpg

お寺「金蓮院」の脇を通っていきます。
b0206463_12204488.jpg

「金蓮院」を通り過ぎて進むのですが、右に曲がって「金蓮院」の北側を通るルートも川跡のようです。
こちらは後でたどってみます。
まずは北方向へ。
b0206463_12205476.jpg

あの車止めが続きですね。
b0206463_12210635.jpg

車止めが連続して、
b0206463_12211619.jpg

ここで広い道を斜めに越えます。
b0206463_12212756.jpg

また車止め。
b0206463_12214190.jpg

この先は広場みたいに広くなっています。
b0206463_12215582.jpg

そしてここからはまた歩道に。
b0206463_12220675.jpg

そして、「都営東金町四丁目アパート」の北側を右折するようです。
これは右折した後の写真。
b0206463_12222091.jpg

ここで歩道が途切れているようですが、歩道が斜め左方向に続いているのが見えます。
ほかの道に歩道がないことから、川跡であることは間違いなさそうです。
b0206463_12223325.jpg

このルートですね。
b0206463_12225424.jpg

ここで歩道が途切れたように見えますが、
b0206463_12230469.jpg

90度右を向いたこちら方向にそれらしい道を発見!
b0206463_12232092.jpg

すごくそれっぽい!
b0206463_12233129.jpg

奥に進むと...行き止まりになっているようです。
b0206463_12234534.jpg

バリケードで阻まれています。
b0206463_12235650.jpg

中をのぞき込むと、何だか散らかっていますね。
この左の金網の反対側は集合住宅の「第2竹石マンション」。
回り込んで反対側に出てみましょう。
(なお、この写真の中央にニャンコがいるのが分かりますでしょうか。すぐ逃げちゃいましたけど)
b0206463_12240811.jpg

ズームで撮ってみましたが、ボケボケですw
b0206463_12313207.jpg

集合住宅の駐車場から、入れるところまで入らせてもらうと、この金網の反対側が続きのようです。
b0206463_12242849.jpg

足元を見る。
何だか暗渠っぽいですよね。
b0206463_12245470.jpg

もう一度回り込んで、続きはこのすき間のところみたいです。
ここから先はもう痕跡を見つけることはできませんでした。
b0206463_12250583.jpg
何だか意外と遠くまで追うことができました。
次回は、「金蓮院」の北側で右折していたルートをたどります。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-04-10 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠  

<< 金町周辺の暗渠をたどる② 旧呑川 弁天神社支流(仮)をたどる >>