金町周辺の暗渠をたどる③

「金町駅」周辺の暗渠の3回目です。
訪問日:2018/2/24、2018/2/28

ここは「東水元2-1」。
金町駅の方向に向かって、暗渠道が始まっています。
b0206463_09433350.jpg

振り向くと、この歩道が続きのよう。
まずはこちらをたどってみます。
b0206463_09434554.jpg

ここで歩道が終了。
続きを見失いますが、1ブロック隔てた左斜め方向に始まる道がありました。
なお、この位置は、このシリーズの第1回で通った「都営東金町四丁目アパート」のすぐ近く。
この道を右に十数メートル進めば「都営東金町四丁目アパート」です。
かなりの近距離でニアミスしていたようです。
それとも、つながっていた可能性もありますが。
b0206463_09440247.jpg

さて、1ブロック回り込むと、何となく暗渠っぽい道。
b0206463_09441192.jpg



しばらく進むと車止めが出てきましたので、間違いなさそうです。
b0206463_09441980.jpg


そして、この先で土手にぶつかって終了です。
b0206463_09442651.jpg

土手の先は埼玉県との県境でもある「水元公園」または「小合溜め」です。
かつてはここが水源だったのでしょう。
b0206463_09443608.jpg

ということで、冒頭の場所から下流を目指します。
いかにも暗渠っぽい。
b0206463_09444414.jpg

カクカクと蛇行。
b0206463_09445287.jpg

ここで広い道を越えます。
写真中央あたりに車止めが見えます。
b0206463_09450072.jpg

これですね。
道の左側が暗渠か。
b0206463_09450894.jpg

暗渠の右に歩道があるので広い。
b0206463_09451689.jpg

ここで脇の歩道が消滅して、奥に引っ込んでいきます。
b0206463_09452579.jpg

細いですねえ!
b0206463_09453281.jpg

蛇行している感じもいい。
b0206463_09453985.jpg

そろそろゴールが見えてきました。
b0206463_09455728.jpg

一般道にぶつかって、ここから先はよく分かりません。
このルートの探索はこれで終了です。
b0206463_09460650.jpg

これは近くで見つけたニャンコ。
b0206463_09461527.jpg

近づいても堂々としています。
葛飾区はニャンコが多いですね。
b0206463_09462591.jpg

今回はちょっと写真が少ないので、別個に見つけたちょっとした暗渠を追加。
金町駅の北口の東方向、線路の手前でこれを見つけました。
この先でトンネルで常磐線の線路をくぐっています!
b0206463_09463300.jpg

続きは左方向に向かっています。
脇が護岸風になっています。
b0206463_09464115.jpg

しかし、すぐに広い道にぶつかって、その先は行方不明です。
b0206463_09465022.jpg

常磐線をくぐるところに来ました。
ちょっと近づけない位置にあるので、中の様子を確認することはできませんでした。
常磐線の反対側も探してみましたが、はっきりしませんでした。
b0206463_09465803.jpg
次回は、金町周辺の別の暗渠を探索します。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-04-24 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

<< 金町周辺の暗渠をたどる④ 金町周辺の暗渠をたどる② >>