「新金貨物線」の橋跡を見に行く③

「新金貨物線」の橋跡の3回目です。
訪問日:2018/2/28

前回の、左側のルートの踏み切りがこちら。
この歩道部分の先が橋跡。
b0206463_12070964.jpg

うーむ、これもまた見事だなあ。
線路の下がぽっかり空いています。
b0206463_12072470.jpg

向こう側はコンクリートでふさがれ、
b0206463_12073246.jpg

この歩道が続きか。
この先は面白いこともないので、探索はしません。
b0206463_12074216.jpg

そして、もう一つの橋跡。
これで4つ目。
この不自然な歩道の先が、
b0206463_12075011.jpg

先ほどと同じタイプの橋跡。
b0206463_12080778.jpg

さっきより細い川跡。
b0206463_12082005.jpg

踏み切り上で見ると、また印象が違います。
b0206463_12083180.jpg

左側。
b0206463_12083974.jpg

上流側から。
斜めに設置されたガードレール。
b0206463_12084719.jpg

で、その続きは、この植栽を経て歩道になっていくようです。
b0206463_12090197.jpg

今のルートを先に進んでみます。
この「亀有警察署前」交差点を越え、
b0206463_12090911.jpg

「新宿図書センター」の脇を蛇行しつつ進みます。
b0206463_12091826.jpg

おお、あそこで奥まっていきます!
b0206463_12093396.jpg

「新宿中」のところで左に曲がり、
b0206463_12094298.jpg

歩道となって右折します。
b0206463_12095185.jpg

ちなみに、歩道を少し進んで振り返ったところ。
「ここから歩道」になっています。
このルートで間違いないようです。
それにしても、この正面の住宅の敷地は、道路と暗渠に隔てられてポツンとしていて興味深い。
b0206463_12095985.jpg

歩道はすぐに終了。
左に曲がっているようです。
b0206463_12100679.jpg

このあたりから本格的な暗渠に。
b0206463_12101515.jpg

ちなみに、今横切った道も川跡らしい造りになっています。
b0206463_12102564.jpg

暗渠道を先に進みます。
b0206463_12103409.jpg

途中、右から別の流れが合流しているようでしたが、面白くなさそうなので省略。
b0206463_12104343.jpg

ここで「柴原小」の敷地にぶつかります。
b0206463_12105172.jpg

「柴原小」の先に続きがありました。
b0206463_12110083.jpg

ここで一瞬迷いますが、
b0206463_12115382.jpg

左を向くと、ここだけ歩道が広くなっています。
おそらく右へ曲がるのでしょう。
b0206463_12120428.jpg

こちら方向。
ここから先は面白いこともないので割愛します。
b0206463_12121859.jpg

今回の2つの橋跡の位置は、Mapionの地図ではこの③と④。
b0206463_12123118.jpg
続きは次回。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-05-23 11:03 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(0)  

<< 「新金貨物線」の橋跡を見に行く④ 「新金貨物線」の橋跡を見に行く② >>