「新金貨物線」の橋跡を見に行く⑤

「新金貨物線」の橋跡の最終回です。
訪問日:2018/3/3

さて、前回の場所より南下し、京成線を越え、高砂橋も越えた場所にあるのがこれ。
中川は写真のすぐ右。
中川の堤防の上から撮っています。
線路を斜めに横切る橋跡が見えます。
b0206463_09451430.jpg

水路が見える位置まで行ってみると、水面が見えます!
ここは埋められていない開渠のようです。
単に水がたまっているだけなのかもしれませんが。
b0206463_09452339.jpg

アップで水面を撮ってみました。
水がたまってますよね。
b0206463_09453217.jpg

さて、今の橋跡の近くまで行ってみましょう。
この道の奥が橋跡。
b0206463_09454071.jpg

ちなみに、振り返ると「高砂小橋」交差点の真下です。
この続きはあとでたどってみます。
b0206463_09455167.jpg

橋跡の近くまで行ってのぞき込んでみました。
実はこちらからはあまりよく見えません。
ただ、水面を確認することはできました。
b0206463_09460018.jpg

今の橋跡は、Mapionの地図ではここ。
b0206463_09460998.jpg

先ほどの交差点の先ですが、方向的にこれが続きのようです。
b0206463_09461906.jpg

途中、右に分かれている暗渠道がありました。
こちらは後でたどります。
b0206463_09463195.jpg

まっすぐ方向は、すぐに途切れてしまいました。
b0206463_09464286.jpg

しかし、先の方をうろうろしてみると、こんないびつな十字路の先に、
b0206463_09465253.jpg

暗渠っぽい道がありました!
b0206463_09471568.jpg

その先は、暗渠の十字路!
この辺は水路が入り組んでいたようです。
ただ、高砂駅が近いこともあり、残されている箇所はわずかです。
このルートも、京成線の線路にぶつかって、あとはよく分からなくなります。
b0206463_09472891.jpg

先ほど分岐していたルートに戻ると、ここで道路を渡り、歩道に化けています。
b0206463_09473748.jpg

ここで左折して、
b0206463_09474589.jpg

歩道の上にマンホールがいっぱい。
b0206463_09475622.jpg

ここで歩道が途切れますが、
b0206463_09481130.jpg

左方向を見ると、右に曲がって再開しているようです。
b0206463_09482079.jpg

いやー、細い道ですねえ。
b0206463_09483101.jpg

しかし、ここで途切れ、あとはよく分からなくなります。
b0206463_09484009.jpg

さて、中川の堤防の上をさらに歩いていくと、こんな怪しい植栽エリアが。
新金貨物線は、この向こうにあります。
b0206463_09484845.jpg

下に降りてみると、先に踏み切りが見えます。
b0206463_09485759.jpg

振り返ると、三角形の「ヘタ地」。
新中川に斜めにぶつかっていっています。
どうも、この植栽は、西井堀の続きのようです。
このあと、西井堀のルートは新中川を越えて続きますが、今回のテーマではないので、追いかけません。
b0206463_09491185.jpg

さて、新金貨物線の踏み切りに向かいますが、踏み切りの手前で左右の歩道とも消滅してしまい、迷惑ですw
b0206463_09493568.jpg

踏み切りに近づくと、ありました!
⑥で見た西井堀の橋跡と同じような風景。
西井堀は、新金貨物線を2回も横切っていたんですねえ。
しかし、ここにいつまでも立っていると車に轢かれますので、即座に移動します。
b0206463_09494568.jpg

反対側から。
立派な橋跡ですねえ。
b0206463_09495569.jpg

そして、その先はこれ。
歩道の植栽がやけに広いですね。
西井堀です。
b0206463_09500456.jpg

Mapionによる最後の橋跡の位置。
b0206463_09501252.jpg
いやー、ありましたねえ。
全部で8か所。
やっぱり橋跡は興奮します。
満足な探索となりました。
次回はどこへ行きましょうかね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-06-05 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠  

<< 京成中山駅をくぐる暗渠をたどる 「新金貨物線」の橋跡を見に行く④ >>