カテゴリ:その他東京の暗渠( 89 )

 

旧呑川 弁天神社支流(仮)をたどる

今回は、旧呑川(呑川最下流の旧流路)から、ちょっと面白い暗渠が出ていたので、ご紹介します。
訪問日:2018/2/3、2018/2/13

ここは、大田区大森東4-43-12。
暗渠らしきものが北方向に出ているのを見つけました。
b0206463_22285949.jpg

この車止めを経て、向こうの細い道につながっているようです。
b0206463_22291591.jpg

何だかすごい裏道っぽいところを通っていきます。
b0206463_22292408.jpg

脇のこの町工場らしき建物も年季が入っています。
b0206463_22293505.jpg

すぐにこんな錯綜した感じに。
b0206463_22294388.jpg

右方向はすぐに一般道に出て、あとは全く分からなくなります。
b0206463_22295601.jpg

正面方向は、すぐに左折し、
b0206463_22301138.jpg

少し進んで、
b0206463_22302189.jpg

一般道を横切って、このすき間がルートのように思えます。
b0206463_22303183.jpg

先ほどのところは入れないので、ブロックを一周して出口を探しますが、それらしきものは全く見つけられませんでした。
で、念のためさらに次のブロックに回り込んでみると、行き止まりの路地の奥に続きらしきものを見つけました。
これは、ちょうど前の写真の逆方向からの写真です。
左右に細いコンクリート蓋が通っていました。
b0206463_22304037.jpg

左方向を見る。
家と家のすき間をまっすぐに進んでいきます。
b0206463_22305484.jpg

右方向。
奥に見えるあのすき間からやってきているのでしょうか。
b0206463_22310636.jpg

奥へ行って足元を見ると、斜めのコンクリートで隔てられた一段高い敷地になっています。
まっすぐ方向ではなさそうです。
b0206463_22311560.jpg

左方向を見ると、暗渠っぽいルートが通っています。
方角的にも、先ほどの続きで間違いなさそうです。
b0206463_22312549.jpg

さて、さらに続きですが、ルート的にはこの道がそのはずです。
奥に見えるすき間がかなり怪しく見えます。
b0206463_22313546.jpg

案の定コンクリート蓋になっていました。
何だかうまくたどれています。
b0206463_22314855.jpg

上の写真だと分かりにくいかもしれないので、コンクリート蓋をアップで。
b0206463_22320056.jpg

奥の方をズームで撮ってみましたが、ちょっとボケてしまいましたw
軽く蛇行しながら続いているようです。
b0206463_22321189.jpg

再び回り込んでくると、位置的にはここに出てくるようです。
私有地っぽいのでアレなんですが、ちょっと失礼して奥を確認させていただきました。
b0206463_22322076.jpg

うーむ、実に私有地っぽい。
しかし、この位置では確信が持てません。
b0206463_22323380.jpg

思い切って行けるところまで行ってみると、何だか続きっぽいですよね。
b0206463_22324759.jpg

足元を見る。
草が一面におおいかぶさっていて、コンクリート蓋かどうか確認できませんでした。
草をどけられればよかったのですが、柵の下はコンクリートブロックなので、それはできませんでした。
b0206463_22325715.jpg

ちなみに、反対方向はもうかなり分かりません!
b0206463_22331379.jpg

さらに回り込んでみると、この私有地の中が続きのような...このあとはもう痕跡を見つけることはできませんでした。
b0206463_22332389.jpg
何だかいい加減な終わり方になってしまいましたが、途中の探索は結構スリリングでしたね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-04-03 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

あたり湯暗渠をたどる

今回は、大田区大森西3-11にある銭湯「あたり湯」の脇を通っている暗渠をご紹介します。
訪問日:2018/1/20

これが「あたり湯」の入り口。
b0206463_14264887.jpg

「あたり湯」の右側に細道暗渠がありました。
b0206463_14253224.jpg

少し進むと、あたり湯の煙突を見ることができました。

b0206463_14260321.jpg


このあたりからさらに細く。
b0206463_14284276.jpg

さらに進んでいくと、なぜか未舗装路に。
何となく通っちゃいけなさそうですが、面白そうなので先に進みます。
b0206463_14291254.jpg

おお、護岸跡のようなものが露出しています。
b0206463_14294121.jpg

うわ、ここはまたさらに細く。
リュックを手に持ち、体を横にしないと通れません。
b0206463_14301162.jpg

ここが一番細いところね。
b0206463_14305637.jpg

さて、一般道を越えた先も未舗装路が続きます。
b0206463_14314129.jpg

ちなみに、この横切っている道路のこの歩道部分も水路跡に見えますね。
断定はできませんが。
b0206463_14322871.jpg

未舗装路に入ってみると、今度は左側に護岸跡らしきものが見えています。
b0206463_14332292.jpg

何だか草深くなってきました...。
b0206463_14335887.jpg

またも一般道にぶつかりました。
その先は、そろそろヤバいか。
b0206463_14350433.jpg

うーん、入れなくはなさそうですが、一番奥はふさがっているようにも見えます。
念のため回り込んでみます。
b0206463_14355013.jpg

回り込んできました。
この駐車場の端が続きの位置です。
失礼して奥に入らせてもらうと、
b0206463_14363965.jpg

あー、かなりプライベートな感じの空間。
やはり入ってこなくてよかったようです。
b0206463_14372802.jpg

で、その先はちょっと難しい。
この植え込みが続きの位置になりますが、本当に続きかどうか疑わしい。
その向こうは京急の線路ですし、探索できるのはここまでです。
b0206463_14383216.jpg
大田区によくあるまっすぐ続く暗渠道。
たいていは面白みもないので放っていますが、今回の暗渠はバラエティに富んでいて面白かったですね。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-03-27 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

梅屋敷駅近くの暗渠をたどる

今回は、京急「梅屋敷駅」のすぐ近くにある細道暗渠をたどります。
訪問日:2018/1/20、2018/2/3

これは「梅屋敷駅」の西側から始まっている細道暗渠のスタート地点。
京急の線路の反対側は、広い第一京浜が通っていることもあり、続きを見つけることはできませんでした。
この暗渠は前から知っていたんですが、京急は高架化が順次進められており、この暗渠の行く末が心配でしたが、無事に残ってくれました。
b0206463_12413130.jpg

とにかく細いんですよね。
b0206463_12414410.jpg

ここは住宅が改装中で、さらに細くてめちゃくちゃ通りにくい!
b0206463_12415367.jpg

とにかくまっすぐ進みます。
b0206463_12420276.jpg

小さめのマンホールが多数出現。
b0206463_12421444.jpg

この通りを越えると、側溝の位置が左から右へ移動。
b0206463_12422280.jpg

さらに次の通りを越えると、側溝が真ん中に!
b0206463_12423146.jpg

次の通りを越えると再び右に。
注意して見ていると、目まぐるしい。
b0206463_12424236.jpg

右側に「鶴渡公園」が見えてきました。
b0206463_12425240.jpg

公園が途切れたところで、進入不可能になりました。
b0206463_12430205.jpg

住宅の裏側になっています。
b0206463_12431174.jpg

今のところには入れないので、回り込んでいくと、やや広めの道「東邦医大通り」まで出なければなりません。
この東邦医大病院の敷地内にあるこの植え込みが位置的にはぴったりなので、この位置が続きなのでしょう。
b0206463_12432118.jpg

で、その先ですが、ちょうどいい位置には続きが見つかりません。
ただ、ちょっと左(南)にずれた位置から植え込みが始まっていました。
これが続きか否かははっきりしませんが、勝手に続きと見なしてたどってみます。
b0206463_12432993.jpg

この右側の建物も東邦医大病院です。
b0206463_12434224.jpg

結構長い距離続きます。
b0206463_12435197.jpg

この場所に植え込みがあるのは不自然なので、川跡であることは間違いないでしょう。
b0206463_12440015.jpg

そして、この「大森七丁目公園」でいったん途切れます。
というか、この先はよく分かりません。
しかし、一応この公園の向こうにあるJRの線路の向こう側に回ってみましょう。
b0206463_12440909.jpg

その前に、今の位置から振り返って一枚。
なかなか迫力のある建物です。
b0206463_12441838.jpg

さて、線路を渡ってきました。
線路の向こうに先ほどの公園が見えます。
b0206463_12442731.jpg

振り向くと、道路がやたらと蛇行しています。
この左側の歩道が続きと見なしましょう。
b0206463_12443586.jpg

やたらぐにゃぐにゃと蛇行w
b0206463_12444658.jpg

もうすぐ呑川にぶつかる寸前で、左からぶつかってくる暗渠っぽいルートを見つけました。
あの突き当たりまで行ってみます。
b0206463_12445691.jpg

突き当たりまで行って右方向を見る。
奥に見える突き当たりの位置が先ほどの本流が通っている道です。
道路の左右で舗装の具合が違っています。
おそらくこの道路の左側が暗渠なのでは。
b0206463_12451541.jpg

左方向を見る。
はっきりしませんが、こちら方向に向かってみます。
b0206463_12450633.jpg
少し進むと、やはりこの舗装の違いが気になります。
b0206463_12452499.jpg

ここで急に細くなっています。
b0206463_12453287.jpg

さらに進むと、急に暗渠っぽく。
b0206463_12454109.jpg

この細道は暗渠でしょう。
b0206463_12455006.jpg

突き当たりに行くまでに左から何かが合流。
b0206463_12460117.jpg

奥を見ると、あの突き当たりがJRの線路。
その先は追跡不可能です。
b0206463_12461068.jpg

正面方向も、この突き当たりで、あとは分からなくなります。
b0206463_12462093.jpg

さて、本線に戻ると、この位置で呑川の流路にぶつかっています。
ここで探索終了としましょう。
なお、呑川への合流口はありませんでした。
b0206463_12462822.jpg
何ともいい加減な探索になってしまいましたが、梅屋敷駅近くの暗渠の細さは特筆モノではないでしょうか。

次回は、「東邦医大通り」を少し北上した位置にある銭湯「あたり湯」の脇を通っている暗渠をご紹介します。


[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2018-03-20 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

青井駅周辺の暗渠をたどる

今回は、つくばエクスプレス「青井駅」の近くでちょっとした暗渠を見つけましたのでご報告します。
訪問日:2017/3/4

ここは足立区青井2-27-20あたり。
「青井2丁目交差点」の少し西側です。
この道路の感じ、直感的に暗渠と思いました。
b0206463_14373746.jpg


振り返って南方向を見ると、この道が続きのはずですが、この先暗渠っぽい痕跡は見つけられませでした。
b0206463_14374661.jpg


先ほどの道に入ると、ここで早くも二股に分かれていました。
どちらが下流でどちらが上流なのか、ここが合流地点なのか分水地点なのかも分かりませんが、とりあえず正面方向(東方向)に進んでみます。
b0206463_14375489.jpg


ちなみに、北方向に少し進んで振り返ったところ。
なかなかの光景ですねえ。
b0206463_1438225.jpg


さて、東方向に進んでみると、ここではカクカクと蛇行しています。
b0206463_14385514.jpg


左側が駐車場で見通しがいいですが、元々は奥まった裏道だったはずです。
b0206463_1439228.jpg


右から細い側溝が合流している地点もありました。
b0206463_14391087.jpg


少し先に進むと、歩道付きのやや広い道に出ました。
b0206463_14391846.jpg


広い道で右方向(南方向)を見たところ。
おそらくこの道の歩道部分がかつて水路だったのでしょう。
この道をたどっても面白いことはなさそうなので、冒頭の合流(分水?)地点に戻り、北方向に向かってみます。
b0206463_14393226.jpg


北上すると、すぐに一般道と合流して歩道に。
b0206463_14394050.jpg


ちょっと分かりにくいですが、ここで直角に右折して一般道と離れます。
b0206463_14394720.jpg


曲がった先は駐車場。
すぐに左折。
b0206463_14395410.jpg


そして奥まったところに入っていきます。
b0206463_1440386.jpg


カクカクと蛇行していきます。
b0206463_14401075.jpg


ここでは右から支流が合流。
もしくは分水(またか)。
b0206463_14401816.jpg


先の方を見ると、この支流も、ガードレールのある広めの道に合流して終わりになるようです。
b0206463_14402896.jpg


さて、本流の方もそう長くは続きません。
b0206463_14403643.jpg


この東西に通る広めの道にぶつかって、あとはよく分かりません。
ここで終了です。
b0206463_14404367.jpg


ちなみに、終了地点の目の前には、三味線店がありました。
「美鈴三味線店」。
珍しい店舗にぶつかってちょっと驚きです。
b0206463_14405642.jpg

何てことはない暗渠でしたが、きっちり追えたので記事にしてみました。
足立区ではなかなか見られないですので。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-07-25 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

田無用水の支流をたどる③

田無用水の支流の3回目です。
訪問日:2016/2/7

うわ、何だかひどく見通しのいい場所に出ました。
この辺の地形はほんと真っ平らだということが分かります。
b0206463_12481841.jpg


心許ないですが、コンクリート蓋はちゃんと続いています。
b0206463_12482738.jpg


ここで一般道にぶつかり、左折。
b0206463_12484057.jpg


公園脇のこの歩道が続きらしい。
歩道はここにしかなく、「ここだけ歩道」です。
b0206463_12485919.jpg


公園の先にはこんなツタに覆われた建物が。
b0206463_1249858.jpg


床屋は営業中のようです。
b0206463_12491860.jpg


今の十字路で右に曲がっていました。
b0206463_12492870.jpg


そして、この公園でコンクリート蓋が途切れます。
この辺でようやく思い出しました。
ここは、何年か前に参加した、暗渠界の第一人者である本田さんによる白子川ツアーの時に通った場所です。
この右に見える公園で参加者全員が自己紹介しましたっけ。
実は、たどっている途中から、ここにつながるような予感がしていました。
ここで暗渠は左に曲がりますが、しばらくは私にとって見覚えのある場所です。
b0206463_1249398.jpg


左に曲がった先もコンクリート蓋暗渠が続きます。
b0206463_12494755.jpg


この紅白のガードレールの先を右に曲がり、
b0206463_1249563.jpg


すぐにまた左折すると、
b0206463_1250595.jpg


広い交差点に出ます。
ここら辺りまでは記憶の範囲内。
田無用水ももう近くですから、起点までたどりたいところです。
b0206463_12501577.jpg


交差点の少し先で右に曲がる道のところに車止めが。
このルートのようです。
b0206463_1251420.jpg


1ブロックで広い道に出ると、左に曲がって、左奥に見える駐車場の脇から再開するようです。
b0206463_12511467.jpg


これです。
また始まっていましたね。
b0206463_12512228.jpg


ゆるやかに蛇行しています。
b0206463_12513899.jpg


道路を1本横切り、
b0206463_12514746.jpg


ここでようやく田無用水の本流に到達しました。
おそらくここで分水していたのでしょう。
b0206463_1252738.jpg


右を見る。
田無用水の上流方向です。
b0206463_12521535.jpg


下流方向。
この辺りは田無駅もほど近くで、遊歩道として整備されています。
少し下流の方をたどってみましょう。
b0206463_12522627.jpg


奥の左側はお寺です。
「總持寺」。
b0206463_12523639.jpg


この細道暗渠がたまらない。
b0206463_12525199.jpg


これが總持寺の門。
この手前を田無用水が通っています。
b0206463_12525987.jpg


この道には「やすらぎのこみち」の名前が付けられています。
用水路跡と知っている人はどのくらいいるのでしょうか。
b0206463_1253861.jpg


そして、この広い交差点に出て、後はよく分からなくなります。
この方面の探索はここまでとしておきましょう。
b0206463_12531822.jpg

いやー、久しぶりに延々とコンクリート蓋を追いかける行程でした。
楽しかったですね。
次はどこへ行きましょうかね。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-08-30 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(4)  

田無用水の支流をたどる②

田無用水の支流の2回目です。
訪問日:2016/2/7

道路脇の歩道としての暗渠が相変わらず続いています。
b0206463_10494395.jpg


このY字路の光景もいいですね。
左の道に沿って進みます。
b0206463_10495338.jpg


道が斜め右に曲がる。
暗渠も曲がる。
b0206463_1050527.jpg


曲がるところには橋跡のようなものが。
昔はこのルートが道だったのでしょうか。
b0206463_10501368.jpg


ここでカクンと左に。
b0206463_10502330.jpg


まだまだ続きますね。
b0206463_10502952.jpg


信号も渡り、
b0206463_10504241.jpg


この位置でまたもや道路から離れていきます。
b0206463_10505284.jpg


うーむ、この暗渠の孤独っぷりは何でしょうか。
b0206463_1051752.jpg


しかし、しばらく行くとまた道を横切っていました。
この欄干をぶった切ったような遺構がなかなか素敵です。
b0206463_10511710.jpg


ここはカクカクと妙な構成をとって一般道に合流していきます。
b0206463_10512269.jpg


こういうカーブするところの継ぎ目っていいですよね。
b0206463_10512859.jpg


この交差点で見失ったかと思いましたが、
b0206463_10513539.jpg


公園脇の道の歩道が続きのようです。
b0206463_1051404.jpg


しばらく行くと再びコンクリート蓋が復活していました。
b0206463_10514782.jpg


この欄干跡や道を渡るコンクリート舗装もいい。
b0206463_10515436.jpg


この辺りの暗渠歩道は車道より一段高い。
b0206463_1052278.jpg


思い出したように現れる縁石もいい。
b0206463_10521133.jpg


おっと、ここで道路を斜めに横切り、また単独暗渠に戻っていきます。
b0206463_10521873.jpg


家の裏手を通る裏道暗渠。
b0206463_10522798.jpg


ここで90度右折して道路を横切ります。
実に目まぐるしい展開です。
b0206463_10523394.jpg


曲がっていくところ。
b0206463_10524244.jpg


その先は縁石付きで続きます。
b0206463_10524930.jpg


そしてここからまた道路を離れていきます。
くるくる変わる展開が探索者を飽きさせません。
b0206463_10525822.jpg


ここは右側が駐車場になっていて見通しがいい。
b0206463_1053482.jpg


90度左折して、
b0206463_10531349.jpg


裏手感たっぷりの暗渠に。
b0206463_10531934.jpg

次回に続きます!
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-08-23 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(2)  

田無用水の支流をたどる①

今回は、東京都西東京市を通る「田無用水(たなしようすい)」の支流の用水をたどります。
とは言っても、最初に見つけた時は田無用水と関係あるかどうか、全然分からなかったんですけれども。
まあ、いつものことです。
訪問日:2016/2/7

ここは東京都西東京市富士町6-3辺りで、この通りは「富士街道」。
この道の向こうの方が凹んでいるではありませんか!
何かあるといいなあ。
b0206463_10201771.jpg


凹んだところまで行ってみると、右方向にコンクリート蓋暗渠が始まっていました!
これから延々とたどることになる暗渠のスタートです。
b0206463_10204152.jpg


ちなみに、反対方向は何の痕跡もない私有地で、その反対側にも何もみつかりませんでした。
後から考えると、こちらが下流方向のようなのですが、詳しいことは分からないので、諦めて上流方向に向かいます。
b0206463_10205679.jpg


縁石付きのコンクリート蓋暗渠です。
b0206463_1021678.jpg


しばらく道路沿いに続いていましたが、ここで道路とお別れ。
その先は広い「新青梅街道」です。
b0206463_10211544.jpg


新青梅街道にぶつかった所で、先が分からなくなりそうでしたが、
b0206463_10212424.jpg


真左に曲がって、新青梅街道から離れていきます。
b0206463_10213288.jpg


「伏見通り」にぶつかって、後はよく分からなくなってしまいました。
これでもう後は追えないと思いましたが、この伏見通りを右に進むと、
b0206463_10214280.jpg


先の方が窪んでいました。
よく分かりませんが、続きみたいなものがあるかもしれないと思って行ってみると、
b0206463_10215116.jpg


谷底の位置よりはるか手前の左側にコンクリート蓋暗渠がありました!
正面方向、「保谷中学校」の敷地沿いにも続いていますが、左のガードレールのところもコンクリート蓋暗渠。
先ほど見失った暗渠が意外な方向から姿を現しました。
写真右方向が谷底の方向ですから、地形無視のルート取りです。
b0206463_102218.jpg


左方向にも立派なコンクリート蓋。
ここを少し進んでみると、
b0206463_10221082.jpg


間もなく新青梅街道にぶつかります。
正面に見えるのはスーパー「いなげや」。
4枚上の写真の一度見失った時の写真にも写っている「いなげや」です。
「いなげや」の敷地内を通ってきているのかもしれませんね。
b0206463_10223730.jpg


振り返って今たどってきた暗渠を見る。
想像以上に神出鬼没な展開です。
b0206463_10224633.jpg


さて、今度は先ほどの「保谷中学校」脇の道をさらに先に進むと、敷地に沿ってカクンと曲がっています。
いや、敷地に合わせて曲げられているのかも、ですね。
b0206463_1023689.jpg


曲がった先でもまた右に曲がっています。
b0206463_10231569.jpg


さらにその先はこの蛇行っぷり!
ワクワクする展開です。
b0206463_1023302.jpg


惚れ惚れするような蛇行が続きます。
b0206463_10233850.jpg


ここで一般道を渡ります。
b0206463_10235359.jpg


渡るところには橋跡のようなもの。
b0206463_1024584.jpg


そして次の道路のところで右折するようです。
b0206463_10241388.jpg


道路脇の歩道として続きます。
b0206463_10242927.jpg


結構長いこと歩道が続きます。
どこまでたどれるのか、この時は見当もついていませんでした。
b0206463_10244418.jpg

次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2016-08-16 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

新・空堀川(からぼりがわ)をたどる③

空堀川の最終回です。
訪問日:2015/10/3

さて、さらに空堀川をさかのぼると、右側に遊水池が見えてきました。
b0206463_1121599.jpg


これが現地のGoogleMapの様子。
この何となく三角形をしたエリアが遊水池です。
b0206463_1122810.jpg


なかなか本格的な感じの遊水池。
b0206463_1123748.jpg


こんな案内表示も。
「芝中調節池排水機場」。
b0206463_1124633.jpg


何だか妙に複雑な造りになっています。
大雨の時は、このスロープや階段まで水に沈むんでしょうねえ。
その光景を見たいような、見たくないような...。
b0206463_1125339.jpg


かなり奥まで続いています。
結構な水量を貯められそうです。
b0206463_113090.jpg


遊水池を過ぎると、空堀川の単独行に戻ります。
b0206463_113926.jpg


そして、次の鑑賞ポイントがこれ。
今のところは遊水池なんでしょうが、見た目は新水路と旧水路。
b0206463_1131983.jpg


GoogleMapで見るとこんな形をしていますよ。
赤い矢印が撮影位置。
下を通るのが旧流路。
上は新水路で、ふだんは水の流れ込まない遊水池ですが、川のように書いてあります。
b0206463_113251.jpg


「旧」と「新」の接続部分をズームで。
左から旧流路、というか現役の空堀川がやってきており、右から来るのが新流路。
しかし、ダムのようなもので両者は隔てられています。
b0206463_1135342.jpg


新流路の脇の道を進んで、逆側から撮ってみました。
こうして見ると遊水池っぽい。
b0206463_1135972.jpg


さらにしばらくさかのぼると、まさにダムのような構造物に出会いました。
b0206463_114520.jpg


反対側から見ると、底の方に水抜きの穴のようなものが見えます。
おかしいな。
逆側からはこんなもの見えなかったのにな。
b0206463_1141215.jpg


そしてさらにさかのぼると、またもダムのような構造物に遭遇。
しかし、こちらからはこれ以上近づけません。
b0206463_1141978.jpg


反対側からは、公園があったので近づくことができました。
これが「ダム」の手前側です。
写真右の方に水面が見えていますが、何とこれが空堀川の現流路。
ダムの上が流路です。
b0206463_1142769.jpg


足元にも水がたまっています。
これは「河川敷」の趣き。
ダムの上なのに。
b0206463_1143757.jpg


流路の下流方向。
深さもあまりないので、増水しやすそうです。
いざという時には、新流路の方がすごい力を発揮するのは間違いありませんね。
b0206463_1144354.jpg

今回分の記事では、「あの水のない川は何だ」の時の記事とほとんど状況が変わっていないようですね。
まさに現在進行中の河川改修の様子を見ることができました。

暗渠徘徊ブログにもかかわらず、このシリーズでは暗渠が1つも出てきませんでしたね。
まっ、いいか。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2015-11-17 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

新・空堀川(からぼりがわ)をたどる②

空堀川の2回目です。
訪問日:2015/10/3

空堀川の新流路をさかのぼっていくと、次の物件に遭遇!
b0206463_1954366.jpg


GoogleMapだとこんな感じ。
山型に書いてある青い線が旧流路。
左右にまっすぐ通っている空き地みたいなエリアが新流路。
新流路を右斜め上から歩いて来たところで、撮影位置は赤い矢印のあたりです。
b0206463_19544379.jpg


合流点には近づけない感じなので、ズームしてみました。
おっと、今回は、正面方向の新流路の方がふさがれています。
左の方に向かう旧流路は完全な空き地になっているようです。
b0206463_19545313.jpg


近づけないとか言っておきながら、川の左の道は通れましたので近くまで行ってみました。
左の方を見ると、奥は高台です。
あの手前を旧流路が通っていたはずです。
きれいな道も通っていますので、近くまで行ってみましょう。
b0206463_195516.jpg


近くまで行って下流方向を見る。
もはや川とは言えそうにありませんが、次に新流路と交わる地点までには水が流れて川っぽくなっているから不思議です。
ちなみに、写真右の方に見える道はバリケードでふさがれていて通れませんでした。
b0206463_1955938.jpg


さて、今度は先ほどズームで見た「旧」と「新」の合流点の近くまで行ってみます。
写真奥から来た旧流路が、この位置で新流路となり、写真右方向に進んでいきます。
b0206463_19552016.jpg


合流後の下流を見る。
足元が高いため、両方の流路が一望できる良い鑑賞ポイントとなっています。
b0206463_19552681.jpg


そして、「新」の上流方向。
なぜかダム状に地面が残されていますが、ビニールシートに覆われていてすごい迫力ですよ。
ナウシカに出てきたオームみたい。
b0206463_19553445.jpg


オーム。
高く盛られているため、手が届きそうに近く感じます。
b0206463_1955436.jpg


その先は全く水がありません。
b0206463_19554946.jpg


さらに上流に進むと、人が通れるのはここまで。
少し先が橋になっており、そこがダム状になっています。
戻って回り込まなければなりません。
b0206463_19555450.jpg


回り込んできました。
写真右半分が先ほどたどってきた「新」の方で、ちょうどこの位置で「旧」が左奥の方に分かれています。
b0206463_1956379.jpg


「旧」の方は、しっかり水が流れていました。
当然ですが。
b0206463_1956911.jpg


これは上流方向。
ここは「新」も「旧」もありません。
しかし、なぜか水が途中で途切れています。
b0206463_19561560.jpg


この位置で途切れています。
ここより上流はしばらく伏流水になっているようです。
本当に「水のない川」になってしまいました。
b0206463_19562446.jpg

まだもう少し見るべきところがあるので、次回に続きます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2015-11-10 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

新・空堀川(からぼりがわ)をたどる①

以前、干上がった川「不老川」を記事にした時に、「あの水のない川は何だ」というデイリーポータルの記事を紹介しましたが、たまたまこの場所を訪れたところ、ずいぶんと様相が変わっていたので、その様子をお知らせします。
とりあえず、上記の記事を予習のためにご覧になっていただくとよいかと思います。
訪問日:2015/10/3

ここは、東京都東大和市奈良橋5-787-18。
青梅街道の上から「空堀川」の下流方向を見ています。
いえ、ここはまだ空堀川ではないかも知れません。
GoogleMapで見ると、ここはまだ川を示す青い線は引かれておらず、両脇の道路に挟まれた空き地のように書かれています。
そうなんです。
ここは蛇行する空堀川をまっすぐにした新水路なんですね。
しかし、Googleの地図的にはまだ川とは認められていません。
b0206463_13213441.jpg


上の写真の方向(下流)に進むと、右斜め後ろからこんな水路っぽいものが突入してきていました。
いえ、これこそが本来の空堀川の流路です。
b0206463_13214395.jpg


これがGoogleMapの現地の地図。
現在地は赤い矢印のあたりです。
ちなみに冒頭の写真は水色の矢印のあたり。
左下から蛇行しつつ上の方に抜けていっている水路、これが空堀川の旧流路。
左から右にまっすぐ通っている水路が、今たどっている新水路。
しかし、地図的には旧流路の方が現役の水路のように見えますね。
b0206463_13215128.jpg


水は全く流れていないのかと思いきや、のぞき込むと水面は見えますね。
b0206463_13215765.jpg


足元を見ると、水が流れ出ているような、いないような。
b0206463_1322337.jpg


顔を上げて対岸を見ると、やはり空き地のようなものが奥に続いていっています。
あれが旧流路の下流方向です。
対岸に歩行者用の道路があるように見えますが、バリケードに阻まれてあそこには行けないんです。
b0206463_1322863.jpg


さて、もうしばらくこの新水路を下流に進むと、再び旧流路が新水路にぶつかってきています。
b0206463_13221517.jpg


これがGoogleMapの現地の様子。
この地図の左から、新水路の南側の道を歩いて来たところです。
上の写真の撮影位置はたぶん赤い矢印のあたりで、地図の左上方向を撮っています。
川の上じゃないですかw
地図と現実のギャップにくらくらしてしまいます。
b0206463_13222144.jpg


そして、これが旧流路の下流方向。
b0206463_13222810.jpg


足元はこう。
大きな口を開けています。
下流方向ですから、ここから水が流れ出ているのではなく、新水路が増水した時に水が流れ込んで、調節池の役割を果たすのでしょうね。
調節池の役目が逆転したようです。
b0206463_13223671.jpg


さて、さらに新水路を下っていくと、今度は「旧」と「新」が合流していました!
右からの新水路に、左から旧水路が合流してきています。
「あの水のない川は何だ」の記事にも同じ地点の写真がありますが、この記事の時点ではまだ合流していませんね!
この記事から4年あまりが経っていますが、少しずつ状況は進んでいるようです。
b0206463_13224412.jpg


GoogleMapの地図ではこんな感じで、やっぱり旧流路が「イキ」になっています。
赤い矢印が撮影位置。
地図だけ見ると、何と何が合流したのか全然分かりませんw
ちなみに、地図の上の方からやってきて、右の方で合流しているのは「奈良橋川」。
b0206463_13225066.jpg


「旧」と「新」の合流地点から振り返ると、ここも左側に不自然に蛇行した道があります。
これも旧流路の痕跡のようです。
b0206463_13225687.jpg


そして、奈良橋川の脇にこんな情報が掲示されていました。
空堀川と奈良橋川の改修の変遷が紹介されています。
b0206463_1323265.jpg


面白いので全部紹介すると、昭和61年頃には、空堀川も蛇行していましたし、奈良橋川も道路沿いに流れてほぼ直角に合流していました。
b0206463_13232188.jpg


平成18年の「ステップ1」。
空堀川に、迂回する暫定水路が設けられました。
b0206463_13232928.jpg


平成20年12月の「ステップ2」。
暫定水路の範囲が大幅に広げられました。
b0206463_13233778.jpg


平成22年5月の「ステップ3」。
奈良橋川の仮水路が作られました。
b0206463_13234430.jpg


平成24年7月の「ステップ4」。
空堀川の整備が進み、完全にまっすぐになりました!
b0206463_13235210.jpg


現在の「ステップ5」。
奈良橋川の仮水路が正式水路になり、旧流路が閉め切られました。
b0206463_1324417.jpg


この道路の左側が奈良橋川の旧流路。
今では、写真奥の位置で右に進んでいます。
b0206463_13241052.jpg


少し道を進むと、現在の奈良橋川に出会いました。
b0206463_13241722.jpg


足元の位置で、この道路をくぐるように曲がっており、旧流路は鉄板でふさがれています。
b0206463_13242382.jpg


空堀川に戻り、奈良橋川との合流地点。
写真奥からやってきた奈良橋川が、左から右に流れる空堀川に合流しています。
b0206463_13243275.jpg


なお、空堀川には水面まで降りられる親水エリアも設けられています。
この写真では分かりにくいかも知れませんが、小魚が群がっています。
b0206463_13244148.jpg


ちなみに、今の橋の位置を南下し、旧流路の現在を確認してきました。
この橋の右側には、
b0206463_1324483.jpg


少ないとは言え、ちゃんと川になっていましたよ。
新水路と分かれる位置では水源は断たれているはずですが、支流が流れ込んでいるのでしょうね。
新旧流路が分けられているのではなく、合流していたのは、旧流路の水量が現在でも多いからかも知れません。
b0206463_13245619.jpg

いやー、なかなか面白い展開でした。
河川が改修される現場を目の当たりにすることができました。
東京23区内の流路まっすぐな川も、かつてはこのような、蛇行流路を直線流路に付け替える工事がなされたのでしょうね。

次回は、空堀川の上流の方にも別の改修地点がありますので、そちらを探っていきます。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2015-11-03 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)