<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

蕨駅周辺の暗渠をたどる④

蕨駅周辺の暗渠の4回目です。
訪問日:2017/8/26

前回までにたどった暗渠とはかなり場所は違いますが、一応蕨市内です。
中山道の「錦町五丁目交差点」の下を通る開渠。
これをたどると途中から興味深い暗渠になっていきますので、たどってみました。
こちらは交差点から東方向。
b0206463_2235689.jpg


こちらは西方向。
しばらく道路のやや脇を通っていきます。
b0206463_2242542.jpg


開渠をたどっていく途中で。
側面がコンクリート張りではありません。
b0206463_2243214.jpg


なんか自然河川っぽい。
b0206463_2243936.jpg


ここで道路を左から右にくぐります。
b0206463_2245162.jpg


くぐった先も自然河川の感じが強い。
周辺は住宅街ですけどね。
b0206463_225149.jpg


さて、ぐるっと回り込んで、ここまでが開渠。
b0206463_2251141.jpg


この位置が「一六橋」と呼ばれるようです。
見沼用水の分流、通称「一六用水」にかかっていたからそう呼ばれるようになった、と書いてあります。
つまり、この水路は「一六用水」という名前なのですね。
この案内板のおかげで水路の名前を知ることができました。
b0206463_2252791.jpg


ようやくここから暗渠になっていきます。
実はここからは二手に分かれており、こちらは北西方向。
b0206463_2253413.jpg


振り向いたこちらは南東方向。
まずはこちらの方向を追いかけます。
b0206463_2254718.jpg


すぐに交差点を斜めに渡り、
b0206463_2255342.jpg


堂々たるコンクリート蓋暗渠が続いていきます。
b0206463_226280.jpg


振り向いて一枚撮影。
斜めの部分は金属製となっています。
b0206463_2261085.jpg


先に進むと、抜け道感の強い暗渠。
b0206463_2261773.jpg


と、ここで整地の真っ最中のところに出てしまいました。
先行きに暗雲が垂れ込めます。
b0206463_2263189.jpg


しかし、この白い線が引いてあるところが続きみたいです。
手前にコンクリート蓋の一部が見えているので間違いないでしょう。
b0206463_226404.jpg


向こうまで引いてあります。
わざわざ線を引いてくれているのはありがたいのですが、整地が終われば痕跡は完全に消されてしまいそうですね。
締切の寸前に訪れることができたようです。
しかし、ここから先の探索はちょっと難しそう。
b0206463_2265030.jpg


先の方、かなり回り込んでうろうろ探したところ、ここに接続するような。
前の写真の位置は、この写真の右方向です。
この辺かなり開発が進み、痕跡が少なくなっていますが、この不自然な感じの空き地はたぶん元水路なのでは。
こちら方向はここらで断念し、分岐していた箇所から反対方向に戻ってみます。
b0206463_2265610.jpg


反対方向は、すぐに左折。
b0206463_227696.jpg


その先はまっすぐ。
b0206463_227147.jpg


何だかすごく秘境っぽくなってきました。
b0206463_2272261.jpg


周りに建物が全くなくなってしまいました。
b0206463_227314.jpg


コンクリート蓋がぐにゃぐにゃと蛇行。
何かすごい感じになってきました。
b0206463_2273857.jpg


この辺もゆくゆくは開発されてしまうのでしょうか。
b0206463_2274533.jpg


ようやく周囲が開けてきました。
b0206463_227544.jpg


蛇行は止まらない。
b0206463_228217.jpg


ここから暗渠の修復工事中。
b0206463_2281038.jpg

いやー、ここまで凄かった!
途中で行き止まりになるのではないかと心配しました。
暗渠だけが延々と続くスリルはかなりのものでした。

続きは次回。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-12-26 12:00 | その他地区の暗渠  

蕨駅周辺の暗渠をたどる③

蕨駅周辺の暗渠の3回目です。
訪問日:2017/8/5

前回、広い道路に出て完全に見失ったと思いましたが、左に位置ズレしたこのあたりが怪しい感じ。
整地されちゃってますが。
b0206463_20234298.jpg


今のところにはちょっと入りにくかったので、左から回り込んでくると、お! この歩道がなんだか暗渠っぽい。
b0206463_2024184.jpg


歩道の切れるところまで行って右を見ると、先ほどの空き地の反対側でした。
b0206463_20235320.jpg


そして、上の写真のところで振り返ると、コンクリート蓋が再開していました!
たぶんこのルートで合っているのでしょう。
これをさらに進みます。
b0206463_2024855.jpg


道路を横切り、
b0206463_20241571.jpg


三毛ニャンコとも遭遇。
b0206463_2024224.jpg


あれ、ここで別の暗渠に合流しました。
b0206463_20242950.jpg


とりあえずこちらの右方向に進んでみます。
b0206463_20243744.jpg


高架の埼京線が見えてきました。
b0206463_20244693.jpg


埼京線の直前に橋が現れ、ここから開渠になっていました!
b0206463_20245338.jpg


これ。
「上戸田川」。
結構な川幅ですねえ。
今までたどってきた得体の知れない川跡が、姿を現すとこんな立派な川だったんですねえ。
ここまで抱いていたイメージとかなり違います。
b0206463_2025214.jpg


さて、4枚上の写真から反対方向に向かってみます。
b0206463_2025119.jpg


90度左折。
b0206463_20252117.jpg


すぐに右折。
b0206463_20252846.jpg


ここでちょっと迷いますが、
b0206463_2025362.jpg


左斜め方向のあの植栽の方向に進んでいるようです。
b0206463_20254326.jpg


これ、間違いなさそうです。
b0206463_20255266.jpg


うーん、しかしここで途切れてしまいました。
この先は、現地では見つけられませんでした。
後日地図で見てみると、続きを想像できなくもないですが、まあこの方向の探索はこれでやめておきましょう。
b0206463_20255985.jpg

次回は、この流れとは関係ありませんが、近くで見つけた別の暗渠をご報告します。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-12-19 12:00 | その他地区の暗渠  

蕨駅周辺の暗渠をたどる②

蕨駅周辺の暗渠の2回目です。
訪問日:2017/8/5

前回の途中で右方向に続いていたコンクリート蓋暗渠をたどります。
写真は再掲。
b0206463_15575338.jpg


交差点をコンクリート舗装で越えていきます。
b0206463_1558723.jpg


ずっと歩道として続きます。
b0206463_1558167.jpg


公園の脇で訳の分からない分かれ道が。
これは単なるジョギングコースのルート指示のようです。
b0206463_15582828.jpg


しばらく行くと、ジョギングコースが公園内に再び入っていきますが、暗渠は何事もなかったかのようにまっすぐ進みます。
b0206463_15583655.jpg


やがてコンクリート蓋はただの歩道のようになり、暗渠かどうか怪しくなってきますが、右方向から別の暗渠が合流しています。
b0206463_15584579.jpg


左方向を見る。
道路を越えて先に続いているようです。
今たどってきたルートは、要はこの流れに合流しているのか、それとも歩道として先に続くのか(だとしたら、水路は十字に交差していることになりますが)、現地では分かりませんでした。
b0206463_15585230.jpg


右方向は公園内に入っていきます。
b0206463_155909.jpg


ここで思い切り左に曲がった後はすぐに開渠になっているようです。
b0206463_155991.jpg


ここから。
しかし、両側に生け垣があり、水面はあまり見えません。
b0206463_15592040.jpg


水面。
一応水が流れています。
b0206463_15593069.jpg


公園内をしばらく流れ、
b0206463_15593988.jpg


公園を出たところで終わり、その先は全く分からなくなりました。
最後はコンクリート蓋になっていましたね。
b0206463_15594753.jpg


さて、この暗渠の下流方向に向かいます。
スタート地点の写真を再掲。
b0206463_15595649.jpg


ここから私有地になってしまうので入れません。
b0206463_16061.jpg


私有地は「埼玉とだ自動車学校」の土地ですが、その反対側まで回ってきました。
写真右が「埼玉とだ自動車学校」。
b0206463_1601477.jpg


敷地内のあの茂みがルートのようです。
b0206463_1603164.jpg


敷地を出ると、コンクリート蓋が再開していました。
b0206463_1604297.jpg


金網がさえぎっているようで、脇はガラガラ。
b0206463_1605045.jpg


少し広い道に出るところはガードレールで阻まれました。
脇に全然すきまがありません。
なので、乗り越えましたけど。
b0206463_16124.jpg

この続きはやや判然としませんが、一応探してみました。
次回ご報告します。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-12-12 12:00 | その他地区の暗渠  

蕨駅周辺の暗渠をたどる①

今回から、JR京浜東北線の蕨駅の近くで見つけた暗渠をたどります。
蕨駅周辺にはまともな暗渠は全くないと思っていなかったので、見つけた時は驚きました。
訪問日:2017/8/5

ここは蕨駅の西方、中山道上の「錦町三丁目」の交差点です。
交差点から南に向けてこんなコンクリート蓋暗渠が続いていました。
b0206463_7484980.jpg


交差点の反対側にも続きがありそうです。
まずはそちらに行ってみましょう。
b0206463_749299.jpg


これですね。
こちらが上流方向のようです。
b0206463_7491218.jpg


コンクリート蓋が続いていていい感じです。
b0206463_749461.jpg


ここで右に曲がっています。
b0206463_7495641.jpg


曲がった先は歩道となって続きます。
b0206463_750626.jpg


ここで途切れてしまいました。
先の土地の使い方が何だか変ですね。
あの辺に続いているのでしょう。
b0206463_7501583.jpg


この辺かな。
この通り自体が水路跡だったような気がします。
これ以降は痕跡を見つけられなかったので、残念ながらこちら方向の探索は断念。
冒頭の交差点から反対側を追いかけます。
b0206463_750242.jpg


交差点の所は橋跡のような感じ。
b0206463_7503323.jpg


先に進むと、ねじれながら先の歩道に続いています。
b0206463_751727.jpg


コンクリート蓋の跡がくっきり。
b0206463_7511753.jpg


また一般道を越えていきます。
b0206463_7512692.jpg


今のところを振り返って。
とにかくいい感じの暗渠です。
b0206463_7513582.jpg


先はまっすぐ。
b0206463_7514434.jpg


ここでまた一般道を横切り、
b0206463_7515344.jpg


ここで広い道を越えていきますが、
b0206463_752127.jpg


右方向にも続いています。
こちらは後で追いかけるとして、まずはまっすぐ方向へ。
b0206463_7521277.jpg


相変わらずの歩道暗渠。
b0206463_7522071.jpg


また一般道を越えます。
b0206463_7523293.jpg


ここではコンクリート舗装となって横切ります。
b0206463_7524060.jpg


ちょっと左に位置ずれしますが、やはりまっすぐ。
b0206463_7524974.jpg


歩道の位置が少し低い。
b0206463_7525883.jpg


マイ橋。
b0206463_753646.jpg


この交差点で途切れますが、右に曲がっているようです。
b0206463_7531644.jpg


やはりそうですね。
b0206463_7533563.jpg


次の交差点で左折しているようですが、
b0206463_7534636.jpg


ただの歩道になってしまいました。
この先痕跡らしきものに出会わず、ここも探索を断念しなくてはなりませんでした。
b0206463_7535755.jpg

次回は、広い道で右方向に出ていた暗渠を追います。
[PR]

by ankyo-nekomatagi | 2017-12-05 12:00 | その他地区の暗渠