「新金貨物線」の橋跡を見に行く①

今回から、JR「新小岩駅」と「金町駅」を結ぶ貨物線「新金貨物線」に関わる暗渠をたどります。
このテーマでは、すでに暗渠仲間のlotus62さんのこの記事のシリーズでも紹介されており、二番煎じ感が非常に強いのですが、前後をたどったりとか写真枚数を増やしたりとか地図を付けたりとか多少変えてますので、個性は出せたのかなと思います。
あと、橋跡は何度見ても興奮しますね!
訪問日:2018/2/28、2018/3/3

今回のテーマとはちょっと違いますが、谷戸ラブさんがこの記事で紹介されている金町駅すぐ近くの水路のトンネル跡を見てきました。
ここはイトーヨーカドーの駐車場ですが、「金町自動車教習所」の文字がデカく表記されていて、総武線の車窓からもよく見る場所ではないですか。
この写真の右端にすでにトンネル跡が見えていますね。
b0206463_17533345.jpg

近づいてみました。
デカい。
この周辺には水路の痕跡はほとんどありません。
建物の裏手だからこそ残された軌跡の遺構です。
すばらしい。
b0206463_17534871.jpg

さて、本題です。
ここは、「葛飾区新宿(にいじゅく)5-25」。
金町駅に最も近い橋跡がここにあります。
b0206463_17535875.jpg

近づいてみると、確かに線路の下にすき間が空いています。
植物が多くて分かりにくいですが。
b0206463_17540858.jpg

ちなみに、振り返った反対方向は車止めのある暗渠。
これを念のためたどってみましょう。
b0206463_17542404.jpg

一般道を越えても車止め。
b0206463_17543405.jpg

ここは一般道との関係が入り組んでいます。
ちなみに、この交差点の少し左側(東側)に支流らしき暗渠道がありましたので、そちらは後でたどってみます。
b0206463_17544305.jpg

交差点の先この赤い舗装の部分が暗渠のようです。
普通は歩道が暗渠になりますが、ここでは車道の方が暗渠。
b0206463_17545349.jpg

コンクリート蓋の痕跡が見えます。
b0206463_17550306.jpg

赤い舗装が終わったこの先は、「大堰枠(おおせきわく)交差点」です。

この記事でこの特別な交差点のことはご紹介していますので、ここから先は省略します。
それにしても、大堰枠からこんな近くに橋跡という垂涎の物件があったのに、気づきもしていなかったのは相変わらず不覚です。
b0206463_17551351.jpg

さて、先ほどの変な交差点の東側から始まる暗渠がこれ。
ここから貨物線の方向に向かいます。
b0206463_17574491.jpg

ここで斜めに曲がる。
変なコンクリートの「ついたて」みたいなのがあります。
b0206463_17575337.jpg

先の方で左折。
b0206463_17580288.jpg

それにしてもここは細い!
b0206463_17581984.jpg

左へ曲がっていく。
暗渠っぽくていい雰囲気。
b0206463_17582912.jpg

この道を越えると、もう新金貨物線はすぐ近く。
b0206463_17584085.jpg

ここで線路にぶつかりました。
残念ながら橋跡はありませんでした。
条件的にはいかにもありそうなロケーションだったのですが。
惜しい感じがします。
b0206463_17584998.jpg

さて、今度は先ほどの橋跡の反対側に回ってみなくてはなりません。
これは回り込む途中で見つけた暗渠らしき物件。
b0206463_17590199.jpg

振り返った先も、川跡っぽい植栽エリアが続いています。
b0206463_17591110.jpg

しかし、その先はすぐに痕跡がなくなってしまいます。
この向こうに新金貨物線の線路がありますが、何の痕跡もありませんでした。
b0206463_17592142.jpg

今のルートの下流方向の続きは、このコンビニ脇のこのルートのようにも思えますが、ただの妄想かもしれません。
b0206463_17593137.jpg

さて、橋跡の反対側にやってきました。
b0206463_17594144.jpg

おお、こっちの方が見やすいですね。
で、よく見ると、向こう側にはミニトラスがあるのも分かります。
b0206463_17594965.jpg

足元は、短距離ながらもコンクリート蓋。
b0206463_17595888.jpg

今の位置は、Mapionの地図ではここ。
最初に見つけた橋跡なので①と印をしてみました。
b0206463_18001178.jpg

で、念のためこちらも続きを探索してみます。
90度右に曲がったこの道の植栽部分が怪しいか。
b0206463_18002266.jpg

この常磐線の手前で左折し、常磐線に沿って進むようです。
b0206463_18003122.jpg

ちなみに右を見ると、線路脇の排水溝も水路だったかもしれません。
b0206463_18004247.jpg

歩道の先はすぐに中川に合流しているようです。
合流口などはありませんでした。
b0206463_18005255.jpg

中川とぶつかる地点で、左方向に暗渠道が出ていました。
次の橋跡物件まで回り込まなければなりませんので、せっかくだからこの暗渠をたどってみましょうか。
b0206463_18010123.jpg


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-05-08 12:00 | 江戸川区・葛飾区の暗渠 | Comments(0)  

金町周辺の暗渠をたどる④

「金町駅」周辺の暗渠の一応最終回です。
訪問日:2018/2/28

ここは金町駅南口の西方、商店街から南方向に細い暗渠らしきルートが始まっていました。
住所は「金町5-15」です。
b0206463_12035592.jpg

ちなみに、反対方向は細いすき間になっています。
b0206463_12040577.jpg

別角度から。
この先は常磐線の線路ですが、その反対側には痕跡を見つけることはできませんでした。
b0206463_12041515.jpg

南方向にのぞき込みます。
細いですが、水路跡らしき様子をはっきり確認できます。
この反対側に回り込んでみましょう。
b0206463_12042412.jpg

1ブロック回り込んでくると、ちゃんと続きがありました。
この左側のへこんだ所が水路だと思いますが、
b0206463_12043753.jpg

もしかしたら右の高い所かもしれません。
b0206463_12044502.jpg

奥をのぞき込むと、先の商店街が見えているようです。
b0206463_12045573.jpg

さらに下流方向は、普通の暗渠道になっていました。
b0206463_12050391.jpg

いかにもな暗渠道。
b0206463_12051208.jpg

しかし、ここで普通の道になってしまいました。
b0206463_12052146.jpg

諦めずに先に進むと、また暗渠っぽく!
b0206463_12052916.jpg

細い道になっていきます。
b0206463_12053884.jpg

ここで「金町5丁目団地」にぶつかります。
b0206463_12054752.jpg

おそらく、その右側のこの歩道が続きなのでしょう。
団地内にそれらしいルートはなかったですし。
b0206463_12055722.jpg

団地が終わると同時に歩道も狭く。
ここで左折するようです。
b0206463_12060512.jpg

しかし、右方向も川跡みたいなんですけど。
まあ、気にしないでおきます。
b0206463_12061537.jpg

左に曲がった先は、暗渠かどうか心許ないですが。
b0206463_12062629.jpg

元々細い道に付いている細い歩道が不自然です。
b0206463_12063668.jpg

団地の縁を周り、
b0206463_12064610.jpg

先の方が蛇行しているからそれっぽい。
b0206463_12072690.jpg


団地が終わると普通の歩道に。
b0206463_12073722.jpg

普通すぎる。
b0206463_12074878.jpg

道はやっぱり蛇行しています。
この先はもはや確信が持てないので、この辺で終わりにしておきましょう。
b0206463_12075955.jpg
金町周辺も探してみるといろいろありました。
次回は、やはり金町が最寄りなのですが、「新金貨物線」と交差する橋跡を探索したいと思います。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-05-01 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)  

金町周辺の暗渠をたどる③

「金町駅」周辺の暗渠の3回目です。
訪問日:2018/2/24、2018/2/28

ここは「東水元2-1」。
金町駅の方向に向かって、暗渠道が始まっています。
b0206463_09433350.jpg

振り向くと、この歩道が続きのよう。
まずはこちらをたどってみます。
b0206463_09434554.jpg

ここで歩道が終了。
続きを見失いますが、1ブロック隔てた左斜め方向に始まる道がありました。
なお、この位置は、このシリーズの第1回で通った「都営東金町四丁目アパート」のすぐ近く。
この道を右に十数メートル進めば「都営東金町四丁目アパート」です。
かなりの近距離でニアミスしていたようです。
それとも、つながっていた可能性もありますが。
b0206463_09440247.jpg

さて、1ブロック回り込むと、何となく暗渠っぽい道。
b0206463_09441192.jpg



しばらく進むと車止めが出てきましたので、間違いなさそうです。
b0206463_09441980.jpg


そして、この先で土手にぶつかって終了です。
b0206463_09442651.jpg

土手の先は埼玉県との県境でもある「水元公園」または「小合溜め」です。
かつてはここが水源だったのでしょう。
b0206463_09443608.jpg

ということで、冒頭の場所から下流を目指します。
いかにも暗渠っぽい。
b0206463_09444414.jpg

カクカクと蛇行。
b0206463_09445287.jpg

ここで広い道を越えます。
写真中央あたりに車止めが見えます。
b0206463_09450072.jpg

これですね。
道の左側が暗渠か。
b0206463_09450894.jpg

暗渠の右に歩道があるので広い。
b0206463_09451689.jpg

ここで脇の歩道が消滅して、奥に引っ込んでいきます。
b0206463_09452579.jpg

細いですねえ!
b0206463_09453281.jpg

蛇行している感じもいい。
b0206463_09453985.jpg

そろそろゴールが見えてきました。
b0206463_09455728.jpg

一般道にぶつかって、ここから先はよく分かりません。
このルートの探索はこれで終了です。
b0206463_09460650.jpg

これは近くで見つけたニャンコ。
b0206463_09461527.jpg

近づいても堂々としています。
葛飾区はニャンコが多いですね。
b0206463_09462591.jpg

今回はちょっと写真が少ないので、別個に見つけたちょっとした暗渠を追加。
金町駅の北口の東方向、線路の手前でこれを見つけました。
この先でトンネルで常磐線の線路をくぐっています!
b0206463_09463300.jpg

続きは左方向に向かっています。
脇が護岸風になっています。
b0206463_09464115.jpg

しかし、すぐに広い道にぶつかって、その先は行方不明です。
b0206463_09465022.jpg

常磐線をくぐるところに来ました。
ちょっと近づけない位置にあるので、中の様子を確認することはできませんでした。
常磐線の反対側も探してみましたが、はっきりしませんでした。
b0206463_09465803.jpg
次回は、金町周辺の別の暗渠を探索します。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-04-24 12:00 | その他東京の暗渠 | Comments(0)