武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる③

吉川駅周辺の暗渠の最終回です。

訪問日:2017/7/23

今度は右から支堀が合流。
いや、分水かな。
よく分からないけど雰囲気はいい。
b0206463_14041043.jpg

カクカクと蛇行している...だけじゃなく、
b0206463_14042338.jpg

この斜めズレして置かれたコンクリート蓋が珍しいですよね!
b0206463_14043671.jpg

先の方でもこの斜めズレ置きの箇所が。
b0206463_14044869.jpg

しかし、残念ながらここでコンクリート蓋は終わり、その先は判然としません。
いい雰囲気だったので、残念です。
本線に戻ります。
b0206463_14050090.jpg

相変わらずの光景...と思いましたが、右にまた分岐しています。
b0206463_14051196.jpg

割と広いコンクリート蓋暗渠。
これをたどってみます。
b0206463_14052124.jpg

一般道を越えて進みます。
b0206463_14053114.jpg

ここで左折して単独行に。
b0206463_14053997.jpg

ちなみに、逆の右方向からもコンクリート蓋がやってきていました。
ここで合流するのでしょう。
b0206463_14054926.jpg

しばらくさかのぼると、通り抜け不可の表示が。
こちらはこれでやめておきます。
b0206463_14055977.jpg

先ほど左折した方向は、補修されたばかりらしく、コンクリートが真っ白。
b0206463_14060821.jpg

なんか白くてまぶしい。
b0206463_14061722.jpg

そして、ここから開渠になっていました。
b0206463_14063143.jpg

水量は結構ありますね。
b0206463_14064035.jpg

一応今のルートの終末を見届けましょう。
この位置で中川に合流します。
b0206463_14065222.jpg

「中堰排水機場」でした。
b0206463_14070561.jpg

合流地点には水門がありました。
b0206463_14071528.jpg

さて、本線に戻ると、ここで終わったみたいな感じになっていました。
b0206463_14072624.jpg

どうも左折してこっちに向かっているようです。
b0206463_14073552.jpg

歩道部分が暗渠っぽい。
b0206463_14074507.jpg

ここから開渠に。
b0206463_14075437.jpg

開渠なのでここから先は追いかけません。
おっと、こちらは本当に下流方向なのか、流れの方向を確認するのを忘れていました。
まあいいか。
b0206463_14080748.jpg

ここからはオマケ。
中川を渡った反対側、越谷市川柳町2-71あたり、久伊豆神社の近くにあったこのコンクリート蓋暗渠が珍しかったので、写真を載っけておきます。
b0206463_14084837.jpg

両側縁石付きコンクリート蓋暗渠です。
めったに見かけないレアものですね。
b0206463_14090168.jpg

まあ、すぐに終わってしまうわけですが。
b0206463_14091135.jpg

これで吉川駅周辺の暗渠は終了です。
支流にいろいろと見所が多い暗渠でしたね。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-03-06 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(2)  

武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる②

吉川駅周辺の暗渠の2回目です。

訪問日:2017/7/23

相変わらずのコンクリート蓋暗渠が続きます。
b0206463_12432488.jpg

ここでまた支堀を発見。
b0206463_12441048.jpg

おお、この奥まっていく感じ、いいですね。
b0206463_12445465.jpg

あまり人が通っていないのでしょうか。
植栽が暗渠におおいかぶさっています。
b0206463_12464326.jpg

なんかいい感じですねえ。
b0206463_12472571.jpg

一般道を横切るところには車止め。
暗渠っぽい。
b0206463_12483409.jpg

この蛇行も良い!
b0206463_12490723.jpg

また一般道を横切りますが、さらに奥まっていく感じに。
b0206463_12493988.jpg

ちょっと下り坂。
b0206463_12501742.jpg

そして、最後は開渠になっていました。
b0206463_12505499.jpg

開渠をのぞき込むと、おお、かなりの水量で流れています。
b0206463_12520509.jpg

すごい勢いで吸い込まれていきます。
b0206463_12523503.jpg

その先は中川に注ぐ水門。
b0206463_12532270.jpg

水門の位置では穏やかになっていました。
b0206463_12542171.jpg

それにしても中川は広いなあ。
なかなか雰囲気のあるルートでした。
b0206463_12543480.jpg

また相変わらずの本線に戻ります。
b0206463_12544543.jpg

ここで左から別の支堀を発見。
たどってみます。
b0206463_12545841.jpg

一瞬途切れたように見えますが、
b0206463_12551231.jpg

奥で右折しています。
b0206463_12552624.jpg

ほらね。
奥は畑地なので、見通しはいい。
b0206463_12554108.jpg

右折後はすぐに左折。
b0206463_12555610.jpg

カクカクと蛇行。
b0206463_12560980.jpg

その先はまっすぐ。
b0206463_12561957.jpg

ここで左折。
目の前は一面の田んぼ!
b0206463_12563103.jpg

左折後はすぐに終了。
b0206463_12564453.jpg

終了するところは護岸風。
b0206463_12565642.jpg

道路を渡り、ここから分水しているようです。
ここから先は開渠の用水路ですから、追いかけません。
b0206463_12570881.jpg
次回はまた本線に戻ります。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-02-27 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)  

武蔵野線 吉川駅周辺の暗渠をたどる①

今回もかなり前に訪問した記事となってしまいますが、武蔵野線「吉川駅」の周辺で見つけた暗渠をたどります。

訪問日:2017/7/23

ここは吉川駅の南口。
駅前に金のなまずのオブジェがあります。
吉川はなまずの町ですからね。
b0206463_11191677.jpg

さて、南口の広い道を少し進むとこれに出会います。
こちらが下流方向だと思いますが、ではこれより上流はどうなのか、というとよく分かりません。
駅の北口に行っても何も見つかりませんでした。
まあ、探索が不十分な可能性も十分にありますが。
なお、このルートの少し左(東)を「二郷半用水」が通っていますから、それに併走する用水路なのでしょう。
b0206463_11192897.jpg

道路を渡るところのコンクリート舗装。
b0206463_11193956.jpg

緑色のコンクリート舗装が、ここからコンクリート蓋になっていきます。
b0206463_11195376.jpg

まっすぐ進むだけですから、面白みはあまりありませんけど。
b0206463_11200587.jpg

延々と続きます。
b0206463_11202544.jpg

と、ここで右に支流が出ていました。
たぶん、右奥が下流方向。
というか、左奥の方向の方が幅が狭いですね。
右が本流と言うべきなのでしょうか。
b0206463_11204330.jpg

これまたまっすぐ進んでいるのは、用水路のにおいがぷんぷんします。
まずはこちらを追いかけてみましょう。
b0206463_11205359.jpg

コンクリート蓋が道を横切るところはやはり印象的。
b0206463_11211178.jpg

ここも。
b0206463_11213163.jpg

ここで普通の舗装路になり、痕跡としては分かりにくくなります。
とは言え、少し先に中川があるので、そこに合流するのでしょうが。
b0206463_11214630.jpg

しかし、中川まで行っても合流口はありませんでした。
どこへ行っちゃったんでしょうか。
b0206463_11215684.jpg

ということで、元のルートに戻って先に進みます。
ここの様子がちょっと変です。
左右に緑地地帯が横切っています。
b0206463_11221595.jpg

こんな感じの空き地が横切っていました。
手元の昭文社の地図を見ると、青い線で水路として書いてあります。
元々は二郷半用水から中川につながる排水路か何かだったのでしょう。
b0206463_11223148.jpg

ちなみに、今の緑地の脇に小さな開渠がありました。
右の緑地は埋め立てられ、今はこの排水路しかないのかもしれません。
b0206463_11224756.jpg

さて、本線の方は、まだまだ続きます。
b0206463_11225724.jpg

左の田んぼには水路があったりします。
b0206463_11230850.jpg

さて、ここで別の支堀が右に出ていました。
b0206463_11231985.jpg

これをたどってみましょうかね。
b0206463_11234078.jpg

ここで歩道をやめ、左折。
b0206463_11235262.jpg

単独路がまっすぐ続く。
b0206463_11241059.jpg

ここで正面方向は開渠に。
しかし、右方向も暗渠のようです。
b0206463_11242058.jpg

開渠にあまり水は行っていません。
b0206463_11243631.jpg

右方向。
こちらをたどってみます。
b0206463_11245127.jpg

ここで開渠となり、90度左折。
b0206463_11250472.jpg

曲がったすぐ先は公園。
b0206463_11251375.jpg

池になっていました。
b0206463_11252315.jpg

水路の続きは左側に。
b0206463_11253333.jpg

この公園の名は「彦糸公園」ですから、この池は「彦糸池」でしょうか。
b0206463_11254392.jpg

池の端はこんなになっていて、
b0206463_11255681.jpg

ここは排水口なのか、それとも水が出ているのか、よく分かりませんでした。
b0206463_11260586.jpg
次回は本線に戻って先に進みます。


[PR]

# by ankyo-nekomatagi | 2018-02-20 12:00 | その他地区の暗渠 | Comments(0)